ひとりひとりのための幸せなお産を。ひとりひとりのための幸せなお産を。

希望する分娩方法や分娩環境、そして、陣痛の痛みかた、分娩のすすみかた、回復のしかたは妊婦さんごとにちがいます。
当クリニックでは、医師、助産師、看護師がバースプランを共有し、さらに、陣痛~分娩~回復を同室でおこなえるLDRを導入することで、
妊婦さんおひとりおひとりの気持ちをみたすお産をかなえていきます。
お産は原則として自然分娩でおこないますが、それはあくまでも医療介入を最小限にするということであり、
胎児と母体の安全をまもるために必要だと判断した場合はその範疇ではありません。
妊婦さんにとってもご家族にとっても幸せなお産であるためには、
なによりまず安全なお産でなくてはならないと考えています。

分娩について

フリースタイル分娩

妊婦さんがもっともラクに感じる姿勢での分娩となるようお手伝いさせていただいています。仰向けや側臥位を中心とした体位で分娩台の形を取らずベッドのままでフリースタイル分娩を行っています。呼吸法もとくに決まったものはありません。経験豊富な助産師が、分娩のすすみかたをみながら、おひとりおひとりに最適な呼吸法をアドバイスしリードしていきます。

立ち会い分娩

ご主人、妊婦さんのお母様やご姉妹、赤ちゃんのご兄姉など、妊婦さんが、新しい命が誕生する瞬間をともにむかえてほしいご家族にお産に立ち会っていただけます。

帝王切開

予定日を前もって決めて行う「予定帝王切開」と、分娩の経過中でお母さんや赤ちゃんの状態によって急いで赤ちゃんを娩出しなくてはならない場合に行う「緊急帝王切開」があります。母児の安全を考えて、十分な準備を行い実施しています。
基本的には腹部下部横切開によって行います。恥骨の近くを横に切開します。術後の回復がよいことや創部が目立たないといったメリットがあります。

緊急時対応

石川県立中央病院NICU(新生児集中治療室)、金沢大学医学部付属病院産婦人科・小児科、金沢医科大学病院産婦人科・小児科と連携し、赤ちゃんや妊婦さんに高度医療や救急医療が必要となったときは迅速な搬送・受入を可能にする体制をととのえています。

フリースタイル分娩は妊婦さんが一番ラクな姿勢で分娩が可能です
LDR:陣痛〜分娩〜回復を同室で行います

産後について

母児同室・母児別室

赤ちゃんといつでもふれあえる母児同室、産後のからだをゆっくりと休められる母児別室、どちらにも対応しています。同室は赤ちゃんに何の問題も無い事が確認でき、お母さんの体調が整ってから始めます。なお、母児別室の場合、個室にあるモニターで、新生児室にいる赤ちゃんの様子をみられるので安心です。

母乳保育

赤ちゃんの免疫力を高める、お母さんの回復を早める、お母さんと赤ちゃんの絆をふかめるなどの目的から母乳保育を推奨しており、助産師や看護師が授乳時に授乳のしかたや乳房ケアのしかたをアドバイスするほか、さまざまな悩みにおこたえします。

リラクゼーショントリートメント

2Fリラックスルームでは、産後の回復が順調なお母さんを対象に、むくみを解消したり、からだとこころに癒しを呼びこむ、プロのエステティシャンによるトリートメントをおこなっています。

きずなアルバム

出産の記録をアルバムにして、1ヶ月健診時にプレゼントしております。赤ちゃんが生まれたときの喜びを記録に残し、いつまでも感謝を忘れずに楽しい毎日を過ごしていただきたいと思います。

赤ちゃんモニター
リラックスルーム
きずなアルバム